ビジネスチャットを導入する利点|いつでもコミュニケーションに参加

気軽に社内のやりとり

チャット

業務効率化につなげよう

最近、社内のコミュニケーションツールとしてビジネスチャットを用いる会社が増えてきている。社内のコミュニケーションツールで代表的なものは電話とメールである。電話やメールに加えてビジネスチャットを運用、また社内ではビジネスチャットに代替してコミュニケーションをとる会社も増えてきている。そこでビジネスチャットの魅力や使用上のポイントをここでは紹介したい。まずビジネスチャットはどんなものかということで、社内でのやりとりをチャット形式でできるものである。これまで主流であったメールでは、冒頭にあいさつの言葉など主題に関する内容以外の記載も多く、1メールを作成するのに手間がかかっていた。その点ビジネスチャットは簡単に主題に入ることができ、リアルタイムで話しているようにやりとりができるため、即時性も高い。メールであれば、簡単な質問でも、堅苦しい形となり、受け取った側も回答を後回しにするケースも少なくない。しかしながら、チャット形式であれば、極端なところ、「はい」か「いいえ」ですむケースもある。業務の効率化を求められている現代社会にとって必要なツールであるといえる。一方で気を付けたいのはチャット形式であるが故に、気軽な言葉で話しすぎてしまい、人間関係の悪化につながる可能性がある。気軽な言葉でチャットをすることを許容している社内であっても、上司や目上の人には言葉遣いは注意したい。また、チャット形式であることから、長文は極力避けたい。どうしても長文になる場合や様々な内容が含まれる場合はメールの方が読みやすい場合もある。内容や記載する分量に応じて上手く使い分けたい。以上が、ビジネスチャットの魅力とポイントである。上手く活用すれば、業務効率が格段にあがるため、積極的に使いたいツールである。

Copyright© 2018 ビジネスチャットを導入する利点|いつでもコミュニケーションに参加 All Rights Reserved.